心おどる、瞬間を。通販・テレビショッピングのショップチャンネル

商品、ブランド、カテゴリ、特集、口コミ、ランキングなど、さまざまな条件で検索できます。

キャスト コラム

15/05/19更新スリランカへの旅

かねてより友人から自然が豊かで世界遺産が多く食べ物も美味しいと聞いていたスリランカに念願叶って行ってきました!スリランカにある8つの世界遺産の中でも今回どうしても行きたかったのが、約1500年前、地上200メートル近い高さがある巨大な岩の上に王宮があったという“シーギリヤロック”です。首都コロンボから車で往復8時間の道のりでしたが、その価値はありました。そびえたつとてつもなく大きな岩は切り立つ崖のようで、しかも遥か昔にそこに王宮があっただなんて…岩山の中腹では当時描かれた美女のフレスコ画を見ることができます。汗だくになって岩の頂上まで登ると目の前に絶景が。周りにはこのシーギリヤロックよりも高いものがなく見渡す限り雄大な自然が広がっているのです。吹く風が気持ちよかったなぁ…。

この日の宿泊はスリランカを代表する天才建築家といわれたジェフリーバワが手がけたホテル。ここもどうしても泊まりたかったホテルです。自然の中に溶け込むように建つホテルの目の前には見下ろすように湖とジャングルが広がり、野生の猿や象がいて、鳥が飛び、蝶が舞い、花が咲き乱れ、いつまでもこの景色を見ていたいと思うほどに美しい所でした。ちなみにホテルの部屋の窓を開け放しにしていたら珍客が…カサカサという音に気付くと、子猿が私のバッグから食べ物だと思ってウェットティッシュを取り出そうとしていました。猿もびっくり。私もびっくり。笑

スリランカといえば、もう一つ経験してみたかったのが本場のアーユルヴェーダです。残念ながら今回は時間がなく滞在型のアーユルヴェーダは経験できませんでしたが、身体の芯から疲れが取れていくような施術は至福の時でした。旅行中いただいた食事にも大満足!スリランカカレーはあっさりとしていて、何種類ものカレーがあるので毎日飽きずにいただけます。また、スリランカはセイロンティーの名で知られる程に紅茶の産地としても有名です。現地の方々はコーヒーはほとんど飲まず、飲むのは紅茶でジャリジャリと音がするかと思うくらいたっぷりとお砂糖を入れるのが現地流だそうです。

短い日程でしたが、世界遺産をめぐり異文化に触れ自然に癒され、行く先々で感動を覚えた素晴らしい旅となりました。まだまだ行ってみたい国はたくさんありますが、私にとってスリランカはまた訪れたいリピート間違いなしの国です!今度は海側のリゾート地ゴールや、アーユルヴェーダのホテルに長期で滞在してみたいなと今から考えています。皆さまもよろしければぜひ一度スリランカを訪れてみてくださいね。


13/06/18更新癒しの温泉

月に1回以上温泉へ行くほど、大の温泉好きです。疲れてくると自然と足が温泉に向かいます。温泉地だけでなく、スーパー銭湯へもよく行きます。入浴したり休んだりして一人で5〜6時間過ごすことも。母も妹も温泉が大好きなので、家族で、親子でと機会を見つけては一緒に行っています。今年の冬はかねてから念願だった、秋田の角館(かくのだて)に行ってきました。“みちのくの小京都”と呼ばれ桜の季節で有名ですが、私はどうしても雪景色の中の武家屋敷を見たくてあえて冬に訪れました。絶景を堪能し、雪見風呂も楽しめて、大満足!

そしてせっかくここまで来たのだからということで、ずっと行ってみたかった乳頭温泉まで急遽足を延ばすことに。角館からタクシーで田沢湖の湖畔を走りながら行ったのですが、大雪で湖はまったく見えず…。ただ、その中でも伝説の美少女たつこ姫の「たつこ像」は金色に光輝いていました。乳頭温泉は建物に趣があり、お湯がとても良くて遠い中来たかいがあったと思える、まさに秘湯といえる素晴らしい温泉でした。

今は、母の誕生日プレゼントの温泉旅行を計画中です。ここ数年恒例になっている女二人旅。今までは伊豆が多かったのですが、今回は違う場所にしようと、母の喜ぶ顔を想像しながらテレビや雑誌などを見ていろいろと考えているところです。


12/11/20更新ヴィーナスナビ

2009年8月からスタートした特別番組“ヴィーナスナビ”。“アラフォーの女性がもっと格好よく、自分らしく輝くために…”というコンセプトで始まったこの番組がここまで続けてこられたのも、応援してくださる皆様のおかげだと思っています。

“好んで着ていた花柄がいつの間にか浮いて見える”“似合うと思っていたシルエットの洋服が似合わなくなってしまった”“どんな洋服を選んでいいのかがわからない”など、年齢を重ねていくにつれ洋服選びに難しさを感じている方も少なくないと思います。私もその1人です。とはいえ、失敗を恐れて結局無難な着こなしばかりではつまらない。年齢を重ねてきた分、内面は豊かになっているのですから自分に合ったファッションを見つけ、ワンランク上のお洒落でさらに輝きたいですよね。

私もヴィーナスナビを通していろいろと学びました。ゲストのカリスマスタイリスト松島三季さんによるコーディネイトの提案や、NGなスタイリングのアドバイスは、大人の女性のためのお洒落のヒントがいっぱい。“上質な素材は大人の女性を錆びさせない”というコメントは回を重ねるごとに実感しています。間違ったコーディネイトをしていたと気づかされたことも多々ありました。ヴィーナスナビをご覧いただき、1人でも多くの方にもっともっと輝いてもらえたら、そのお手伝いになれば本当に幸せです。ぜひ、ご覧になってくださいね。


12/09/04更新大人の遠足会

先日、遠足に行ってきました!それは、ワインと食べることが大好きな仲間たち総勢24名での大人の遠足会。朝7時に集合し、乗り込んだ貸切バスの団体名には、なんと“大人の遠足会”と書かれており、いい大人達はこれを見ただけで朝から大盛り上がりです。子供の頃、楽しみだった遠足も、大人になるとなかなかその機会はありませんよね。

行き先は、栃木県足利市にあるワイナリー“ココ・ファーム”。ここは1950年代に特殊学級の中学生たちが先生とともに平均斜度38度もある急斜面の山を開墾した葡萄畑が始まりで、障害者支援施設の機能を持つワイナリーです。葡萄畑は開墾以来、除草剤を撒いたことがなく、昔も今も変わらずに人の手をかけてブドウづくりをされているそうです。この時期、青々とした葉が広がる葡萄畑の麓には醸造所があり、素敵なレストランやカフェもあります。

急斜面の葡萄畑の山頂からの眺めは素晴らしいものでした。ワインがどうつくられているのか、まさに社会科見学のようにお話を伺った後は待ちに待ったお昼の時間です。用意されたのは“ココ・ファーム”でつくられた白ワイン3種、赤ワイン3種とそれに合うお料理です。ワインへの思い、おもてなしの心が1口1口に広がってくる最高のマリアージュでした。この日は私たち以外にも多くのお客様がいらしていて、夕方からは結婚式も控えていたそうです。まさに童心にかえった1日。その時間を惜しむかのように、東京に帰り着くまでプチ宴会は続きました。次回の予定はまだですが、できたら近いうちにまた、遠足に行きたいなと思っています。


11/05/31更新四季折々を愉しむ

日々の生活に追われていると、普段当たり前だと思っていることに、ついつい気を留めなくなってしまいがちですよね。毎日忙しくしているからこそ最近は、「四季を肌で感じて満喫しよう!」と改めて思うようになりました。日本にはそれぞれに特長をもつ春・夏・秋・冬の4つの季節があります。季節ごとの行事や風習を生活に取り入れて、毎日を潤いのあるものにしたいと考えています。

夏は菖蒲湯や七夕など。秋はお月見に、昨年から始めたトレッキングにも出かけたいですね。そのときどきに咲く草花や紅葉を愉しむことができるトレッキングは、季節を感じるのにぴったりかもしれません。冬は大好きな温泉にたくさん浸かって、季節ごとに変化する風景を眺めてみるのも一興。四季折々のなかで見つけた幸せを噛み締めながら、毎日の暮らしをさらに丁寧に、さらに充実させていきたいと思っています。皆さんも四季を満喫していますか?


10/05/25更新トレッキングにハマりました

昨年来、私がハマっていることといえばトレッキングです。今までは“そんな疲れることなんて”と見向きもしなかったのに、友人からの誘いをきっかけにして、意外にもその楽しさに魅了されてしまいました。日常から抜け出して自然の中を黙々と歩きながら、高山植物を愛でたり、青い空と山の緑の色の美しさに感動したり。そして何よりも登りきったときの達成感はたまりません!

最初は高尾山などの近場で楽しんでいましたが、夏には北アルプスにある唐松岳へトライしてきました。そこは2700メートル弱の標高があり、山荘も設備されているのですが、山頂からは360度の景色を見渡すことができるんです。朝焼け時の、西の空にはまだ月があるのに東には雲海の上に太陽があるという幻想的な風景にはとても感動しました。自然って本当にすごいですね。今年の夏は、富士山にチャレンジしたいなと思っています。

ところで、唐松岳へ行く前の準備を整えるために専門店へ行きました。お店の方から必要なアイテムの選び方や使い方を丁寧に教えていただき、初心者の私でもひと通りのものを無事揃えることができました。たくさんの商品を前にしてとまどってしまった私にとって、専門店のスタッフさんからのアドバイスは本当に頼りになりました。テレビを通して同じようにお客様に商品をご紹介している立場として、いかに丁寧な説明をするか。それがどんなに大切かを改めて考えさせられた、そんなひと時でした。


09/09/22更新ワイナリーツアー

ワインスクールで知り合った仲間たちで、ときおり日本のワイナリーツアーを行なっています。ワインというと、どうしてもフランスやイタリア、カリフォルニアというイメージが強いかもしれませんが、日本でも大勢の方々が“日本で美味しいワインを造りたい!”と情熱を注がれているんですよ。

ワイナリーでは、ぶどう畑から醸造風景などをひと通り見学し、テイスティングもするのですが、もう1つのお楽しみがワイナリーによってはレストランが併設されており、造られたワインをお料理とともにいただくことができるのです。一緒に供されるお料理は、自家菜園で作られたお野菜や、地元特産の食材を使ったものなどが多く、ワインとの相性も抜群。やはり同じ風土で育った“地のもの同士”を一緒に味わうことは何よりも贅沢なのかもしれませんね。お料理とワインによる素敵なマリアージュに出会うと、思わず笑みがこぼれるほど嬉しくなってしまいます。

日本のワインは気軽に楽しめるのが魅力。さっぱりとした和食とは特に相性がよいので、皆様もお寿司やお刺身と合わせて、国産ワインを試してみてはいかがでしょうか。ワイナリーツアーもぜひおすすめです!


09/02/24更新ショップチャンネルで親孝行

ライブで、よく“お嬢様用に”“お母様とご一緒に”とご提案しておりますが、私自身もお洋服やジュエリー、食品といったショップチャンネルの商品を贈るなどして親孝行に役立てています。たとえば舞台などのチケット。佐藤しのぶさんの“母の日コンサート”には、母を誘って一緒に楽しんできました。普段はお互い忙しい分、たまに2人でゆっくり出かけるのもいいものです。

“こういうものを欲しがっていたな”とか、“これは母親に似合いそう”という商品を見つけたら、電話やインターネットでさっと注文できるのは、やはり通信販売ならではの魅力。プレゼントを贈ることで、電話をしたり、されたりと、家族との会話が増えるキッカケにも貢献してくれます。テレビの前の皆様にも、気軽にお買い物をしながらご家族とのコミュニケーションにも役立てていただけるような、そんな便利で身近な存在としてショップチャンネルをご利用くださればと思います。

ちなみにわが家の場合は、テレビ画面を通して私自身のチェックもしているみたいです。「今日のトークはどうしたの?」などとダメ出しされることもあるんですよ。母からの感想や指摘はお客様からのアドバイスでもあると真摯に受け止めて、これからも分かりやすく、楽しいライブをお伝えできるように頑張ります!


08/11/25更新カロリーチェック

急に何かが必要になったとき、コンビニエンスストアって便利ですよね。コンビニに行くと必ずしてしまうのがドリンクやデザートなどの新商品チェック。季節ごとに旬の食材などを使ったスウィーツが並ぶと、なんだか楽しくなってしまいます。それと並行してつい見てしまうのが、お弁当やパンなどのカロリー表示。やはり女性としては食べ物のカロリーはいつでも気になるところですよね。先日なにげなく手に取ったパンがなんと700キロカロリー!さすがにびっくりして“こんなに!”と思わず声を出してしまいました。

カロリー表示といえば、ファミリーレストランのメニューにも一品ごとの数値が記載されていますよね。あれもやっぱり気になってしまいます。お値段が高いのも嫌ですが、カロリーが高いのはさらに敬遠したい…。席に着くまで食べたいものが決まっていたはずなのに、この数字を見たおかげで注文するのを躊躇してしまう方はきっと私だけではないはず。それでも「今日はどうしてもとんかつが食べたい」と思って注文すると、これがひときわ美味しかったりして!やはりいろいろな意味で“高い”とその分美味しく感じてしまうのかもしれませんね(笑)


07/09/04更新ショップチャンネルショールーム?

ショップチャンネルに入社してわずかな期間ながら、早くも我が家には色々なショップチャンネルグッズが並んでいます。今日はそんな我が家の様子をレポートしてみたいと思います!

まず自宅の玄関を開けると、そこには<クリーン・フローラ>がお出迎え。それを見ながら<アーチフィッター>のスリッパに履き替えてリビングへ移動すると、再び<クリーン・フローラ>が並んでおり目を和ませてくれます。片隅には先日やっと購入した<ジョーバ>が置かれていて、他にも空気清浄機、加湿器などもショップチャンネルで購入したもの。お掃除道具も<ダイソン>を愛用中!

次にキッチンへ移動してみると、2代目が欲しいほどお気に入りの<ティファール>のケトルがあり、保存容器の<ナノシルバー>やサプリメントなどもたくさん置いてあります。そうそう、冷凍庫にはもちろん番組でご紹介した食品も常備。さらに洗面台には<ソラデー>などの歯磨きグッズがあり、お風呂場には<カシオ>の防水テレビ。寝るときは<西川リビング>の枕カバー、カーテンは外から見えないカーテン…。ざっと見渡しただけでもこんなにたくさんの商品で溢れていてちょっとしたショールームのよう。

こうしてレポートしてみると、本当に私もよくショップチャンネルで買い物をしているなと実感ですが、確かに生活が楽になったり、楽しくなったり…そして何より使ってみた生の声をお客様にお伝えできればいいなと思っています。我が家のショップチャンネルグッズレポートでした〜。


07/03/20更新私流、温泉の楽しみ方

温泉が大好きなので、いろいろなところへ出かけています。ドライブも好きなので運転しながらちょっと出かけて、温泉に浸かって帰ってくるパターンが多いのですが、場所柄よく訪れるのは伊豆方面。なかでも箱根には一番多く出かけています。

たまに友達と箱根へ1泊で出かければ、ゆっくりとお湯に浸かって、ゆったりと温泉の醍醐味を堪能するのですが、箱根で楽しみにしていることは他にもあります。それは帰る前にまず、箱根の某駅前にある土産屋さんを端から端まで回ること。いろいろなお店をのぞいては「やっぱり○○はここよね〜!」と味を吟味してお気に入りのお店を探すんです。

そしてもう1つ、箱根に来たら欠かせないのが、とあるお店で流れている“かまぼこの歌”を聴いて帰ってくること!毎回、箱根へ出かけるとこの曲がかかっているお店までわざわざ足を運び(もちろん商品も購入しますが)、歌を聴いて口ずさみ、そして帰ってくるんです。この曲、朝から晩までのかまぼことの1日を歌っていて結構長い曲なのですが、この歌を聴かないと私にとっての箱根の旅は終わりません!もはやメインイベントにさえなりつつあるかも…(笑)みなさまも箱根へお出かけの際は、この曲が流れているお店を探して聴いてみてくださいね。


06/10/24更新初めまして!篠田恵聖です。

ショップチャンネルのキャストとして昨年の秋にデビューしてからもうすぐ一年。月日がたつのは本当に早いなって思います。今回は自己紹介もかね、名前のお話しを。初対面の方にはいつも必ず聞き返されるのが私の名前で恵聖。けいせいと読みます。

この名前が厄介でいつも男性と間違われるのです。電話で何かを予約する時には必ず、男性一名ですね?と訊かれ、趣味のゴルフに行くと男性のロッカーキーが用意されていたりと自分でもおかしくなってしまうくらいです。ショップチャンネルに入社して画面にデビューする前に一度大阪のフェアに行かせて頂いたのですが、その時一人のお客様から“新人の男性キャストはどなた?”と尋ねられ、新人キャストの男性???と真剣に考えてしまったことがありました。私のことだったんですね(笑)。

でもそれをきっかけに、お客様とはその後親しくお話しをさせて頂くこともできました。男性に間違われる名前ではありますが、そこから話しがはずんだり覚えて頂いたりと嬉しいこともたくさん!学生時代から特にあだ名はなく、友人からも恵聖と呼ばれています。もしお話しをする機会があれば、よければ苗字ではなく名前で呼んでいただければ嬉しいです。



  • フリーダイヤル(通話無料)
    0120-000123
  • 携帯電話から(通話有料)
    0570-000111
  • ご注文:24時間
  • お問い合わせ:音声自動応答24時間/オペレーター対応9:00〜21:00
    • 左記番号がご利用になれないお客様は03-4335-0123(通話有料)へおかけください。
おかげさまで! 25th Anniversary ショップチャンネル