新 カリスマゲストの部屋
山口 眞未子さん|カラーアナリスト <パーリーデュー>クリエイティブディレクター 山口 眞未子さん|カラーアナリスト <パーリーデュー>クリエイティブディレクター
プロフィール

1964年東京生まれ。
ビューティーセレブとして数多くの女性ファッション誌で活躍する“美”のスペシャリスト。 カラーアナリストとしても、日本各地の百貨店でのトークショーやパーソナルカラー診断に基づくメイクアドバイスイベントなど幅広い活動が注目を集め、イメージコンサルタントとしては経営者から絶大な信頼を受けセミナーを各地で開催。 女性向けセミナーでは、心理学をベースにしたコミュニケーションマナーを日本人向けに確立。
カラーアナリストとして20年間、のべ30万人のお客様の肌色診断、パーソナルカラー診断を手がけたことで得られた知識と経験を活かし、肌色からのアンチエイジングを提案するオリジナルコスメブランド<パーリーデュー>を発表。
ショップチャンネルデビューは2007年2月。

●星座: かに座  ●血液型: O
●座右の銘: 女性の数だけ、美しさがある
●趣味: 旅行・ドライブ・ゴルフ、ドラックストアやバラエティーショップなどでプチプラコスメや可愛い雑貨を見つけること
●好きな食べ物: カレーうどん・茶碗蒸し・Myトマト鍋
●嫌いな食べ物: ガーリック・ネギ類・フォアグラ・マヨネーズ

ご自身を美しく演出してくれるベストカラー診断を受けてみてはいかがでしょうか。お洒落の世界観が変わってきますよ。

自然に身に付いた生活習慣

子供のころから、おてんばで元気な体育会系少女でした。 特にバレエは4歳から習い始め、“将来はプリマドンナになりたい”と今でも文集が残っているくらいずっと憧れを抱いていました。 踊ることはもちろん大好きでしたが、それ以上にチュチュやトウシューズといったお衣装に惹かれていたのだと思います(笑)。 もともと食は細かったことに加え、“バレリーナで太っている人はいない”と子供ながらにお菓子を我慢するなどしていたようです。 12歳と15歳離れた姉たちがいるのですが、彼女たちと一緒にケーキを食べに行っても半分しか食べないことがあったと、先日、笑い話の種にされてしまいました。
基本的に身体を動かすことが大好きでしたから、バレエのほかにも冬はスキー、春夏になればテニスと1年中アウトドアで日焼け三昧。 もともとそばかすが多かったこともあり、それを心配した母が、朝晩の洗顔後に鏡台の前へ私を呼び、美白のお化粧水と乳液をつけてくれたことをよく覚えています。 私の美白デビューは小学生だったなんておませさんですね(笑)。 母は専業主婦で、芸事が好きでお茶と踊りの先生でした。 普段から着物を着ている時間が多く、日焼けを気にして冬でも日傘を持ち、美容には手を抜かない生活を送っていました。 また、父も食にとても気を遣う人で、たとえば今でいうオーガニックのものを食卓に取り入れたり、これはコレステロールが高いから食べすぎはよくないなど、父の背中を見ていれば普段の食生活でどのように気をつけたらいいのかが自然と身についていきました。 美容や食に対する姿勢は小さいころから植えつけられたのだと思います。 私にとって美容や食にこだわるという事は当たり前になっていて、歯を磨くのと同じ感覚ですので、毎日がんばっている意識はないですね。

“カラーアナリスト” という職業との出会い

現在は美容のお仕事に携わっていますが、ずっと専業主婦になるものとばかり思っていました。 今、このような形で自分のつくったお化粧品をテレビでご紹介させていただいている姿はまったく想像していなかったですし、周りのお友達も両親もだれも予想していなかったと思います。
“カラーアナリスト”という職業は、24年前、女子大を卒業してサンフランシスコに留学していたときに知りました。 訪れた百貨店で、カラーの先生がお客様のお肌にドレープを当ててカラー診断をされて、その人が1番きれいに見えるベストカラーでメイクとお洋服をコーディネイトするというイベントを行っていらっしゃったのです。 当時の日本では、カラーアナリストという職業自体が認知されていなくて、もちろん私もそんな職業があることは知らなかったので衝撃的でした。 ステージを見ていくうちに、お客様が喜び、そのうち歩き方まで変化していく様子を間近で拝見して、先生のように女性をハッピーにするお手伝いができたら・・・と、その時の印象を心の奥に強くインプットしていたのでしょうね。 帰国後、たまたま見た女性誌で、日本でも同じような活動をされていらっしゃる先生が紹介されていて、すぐにこれ! と閃きました(笑)。 編集部の方から半ば無理やり連絡先を教えていただいてコンタクトをとったところ、スクールやお弟子さんを設けてはいないとのことで一度は断られてしまいました。 それでも、とにかくぜひ、とお願いして、まずは先生のお手伝いをさせていただけることになりました。
それまでは、テーブルセッティングやフラワーアレンジメント、アロマセラピー、メイク、ネイルの勉強などをしてきて、これらの共通点は?と考えたところ、たどり着いた答えが“色”でした。 色の勉強をすればいろいろなことにプラスになって、もっと深く掘り下げられるのでは・・・と考え、この世界にどんどんのめり込んでいきました。

仕事の飛躍とターニングポイント

ある日、母の知人で、化粧品会社の社長をされている方との食事の席で、“最近こんな勉強をしているんですよ”と世間話をさせていただいた時、“それなら、うちのお客様にアドバイスをしてみませんか”とご提案いただきました。 “それは楽しそう”と、つい気軽にお引き受けしたところ、初年度からいきなり150本ほどのスケジュールがびっしりと埋まってしまいました。 おそらくお客様にとって、自分に似合う色を知ることが初めての出来事で、物珍しさも手伝っていたのでしょうね。 そのときから、1年のうち半分から3分の1は全国各地を回る出張生活が始まりました。
イベントがある日は、朝4時に起きて6時台の新幹線や飛行機で移動し、1日100人から200人ほどのお客様が入った講演をこなして、カラー診断をさせていただき、最終の便で帰ります。 忙しくてどんなに疲れていても、お客様から“ありがとう”とおっしゃっていただく一言が何よりも嬉しくて、その笑顔を見たさにがんばっていたのですが、毎日ぎっしりのスケジュールをこなす生活にはやはり、無理があったのだと思います。 ついには身体を壊してしまいました。 当然イベントのお仕事も全部キャンセル。 1日も早く現場に帰りたいと思いながらも身体は思うとおりに動かず、病室で泣きながらお客様におわびの手紙を直筆で何百枚も書きました。
長い入院生活は辛いものでしたが、そのうち焦っても仕方がないと少し心に余裕ができるようになり、ならばこの限られた環境の中でいかにハッピーに過ごすかを考え始めました。 ときには病室にヘアメイクさんに来ていただいて髪をセットしていただいたり、ネイルのお手入れをしていただいたり。 こうして自分のお手入れをしながら気持ちを上向きにすることで、入院していても毎日きれいな自分でいようと心に誓いました。 それが良かったのでしょうか。 見た目だけでもきれいに元気よく見えるように心がけると不思議と体調まで回復に向かっていきました。

<パーリーデュー>の開発経緯

<パーリーデュー>を手がける前も、お化粧品ブランドをプロデュースさせていただいていました。 百貨店などでトークショーやメイクアドバイスをしていくうちにカラーアナリストとして認知していただけるようになり、雑誌の取材なども受けるようになったころ、美容皮膚科の先生によるお化粧品をプロデューサーとして手がけることになりました。 その後、お化粧品のさまざまな成分や皮膚についての勉強を一生懸命して、完成させたコスメがいきなり、とある女性誌の美白部門の銀賞(2等賞)を受賞! 本人が1番びっくりでした! その後、新たなブランドを展開するにあたって、まずはお客様の年齢層や、その方たちが使いやすいとされるポイントなどを踏まえたうえで、私が欲しい! と思うものを目指して作り始め、完成させたのが<パーリーデュー>です。 “真珠のしずく”という意味のブランド名は、私が魅了された美容成分“プレミアムパールエキス”の真珠美容にちなんで名付けました。 パッケージは、私の大好きなピンクと白の配色。 ピンクは見ているだけで女性力をUPさせてくれる色ですから、そんな願いも込められています。

ライブでは自分らしく、楽しく

ショップチャンネルのデビューは、小縣キャストに担当していただきました。 それまでも数多くのイベントを経験させていただいたので、人前でお話しするのは慣れているつもりでしたが、イベントでお話するのとテレビでお話しするのとでは、様子がまったく違うのですね。 テレビで求められる、リズムよく、テンポよく端的にお話しするということが、最初は上手にできずに、“どうしよう、このままではお客様に何もお伝えできない”と、毎回頭が真っ白になりました。 おかげさまで回数を重ねるうちに次第に慣れ、今ではアドリブでも私自身楽しくやらせていただけるよう成長しつつあります(まだまだ力不足ですが・・・)。 というのも、商品は自分で実際に考えて処方しているので、台本がなくても全部頭に入っています。 格好つけてきれいな言葉でお話させていただくより、自分の言葉で自分の思いをお話しさせていただいたほうがお客様にもわかりやすいのでは?と思えるようになりました。 その時々でキャストさんとの会話のキャッチボールを楽しみながら、臨機応変に商品のご紹介させていただいています。 笑い上戸なのでライブ中は笑ってばかりいますけれども、現場の和やかな空気がそのままお茶の間のお客様にもお伝えできれば・・・と思っています。

健康の秘訣は1日アクティブに過ごすこと

冒頭でも触れましたが、子供のころからとにかく身体を動かすことが好きで、スポーツはもちろん旅行も大好きです。 なかなか長いお休みは取れないので、よく主人と水入らずで週末1泊のプチ旅行へ行っては気分転換をしています。 お泊まりセットは常備しているので、いつでも好きなときに出かけられますよ。 みんなに“意外”と言われるのですが、私、どうも“のんびり”というテンポが苦手で、1日アクティブに動いるほうがリラックスできるようです。 旅行先でも、朝起きたらまずジムへ行って、ランチした後はテニス、夕方にはプール、夜は外でバーベキューやドレスアップしてディナーへと忙しく分単位で過ごしています(笑)。 自宅でも、リラックスするためにお風呂にゆっくり入ることはなくて、実はカラスの行水。 ショップチャンネルを見ている時も、片手にモップを持ってお掃除していたり床を磨いたりして、典型的な“ながら族”。 とにかくジッとしていないですね(笑)。 1日よく動いて疲れたらバタンとぐっすり眠ることが、私にとっての1番の健康法です。
また、食べ過ぎはもちろん注意しますけれど、おいしいものをいただくのも大好きです。 車の運転をするので、“今日、中華街へランチに行く?”とか、“おいしいパンケーキを食べに湘南まで行きましょう”などと言っては、よくお出かけしています。

食事は食べる順番を意識して

30代でとてつもなく身体を壊してしまった経験から、以前にも増して健康には気をつけるようになりました。 毎日の食事で特に気をつけているのは、いただく順番です。 例えばお野菜、メイン、ご飯があったら、まずはお野菜からいただいて新鮮な酵素を摂り、次にスープ、たんぱく質、最後に炭水化物という順番を守り、血糖値を急激に上昇させない様心がけています。 バランスのよい食事を摂ることも重要ですが、いつもパーフェクトなメニューとは限りませんから、そんなときは自分でできることを最大限工夫して守るようにしています。 お野菜がないときは野菜ジュースなどで補って、空腹時にいきなり甘いものや炭水化物をいただくのはご法度です。 どうしても食べたくなった時は、その前に、例えばオメガ3系の良質なオイルを含むドライアーモンド等5〜6粒摂ったり、豆乳を飲んでからおやつをいただくようにしています。
ただ、思い立つと瞬間的に行動してしまうタイプなので、いけないと頭では分かりつつも、つい睡眠時間を削って何かに没頭することもしばしば。 何か食べたい、作りたいとひらめくと、真夜中でも突然お料理してしまいます。 お料理は、どこかお化粧品づくりと似ていてとても楽しいですね。 これとこれを混ぜたらどんなお味になるのかしら・・・と考えることはこの美容成分とこの美容成分を足したらお肌にどのような手ごたえを感じられるのか試行錯誤するところが共通点だと思います。 ちなみに、お料理道具はショップチャンネルで扱っているものを愛用しています。 <ワンダーシェフ>の圧力なべや、<マストラッド>など、簡単で美味しく!が私の永遠のテーマです。

ご自身のベストカラーを探しましょう

今日は気分を上げるためにこの色を着ようとか、気持ちがハッピーになるようこの色!など、いつも考えてセレクトしています。 色にはいろいろなメッセージがあります。 たとえば、オレンジはコミュニケーションカラーと言われ、会話を弾ませ、食欲を増す作用もある色と言われています。 見ていると楽しく陽気になる心理的な作用があるので、食卓、団らんにぴったりの色です。 照明も白熱灯やキャンドルなどの優しい光のほうがリラックスできますし、食卓のカトラリーやランチョンマットなどに取り入れるのもおすすめです。
また、自分に似合う色“ベストカラー”というのは、自分を“美しく若々しく見せてくれる魔法の色”です。 お洋服やコスメなどの色は、好き嫌いの感性で選びがちですが、プラスアルファとして、自分を美しく演出してくれるベストカラーを取り入れるようにすると、より一層素敵なコーディネイトを楽しめますよ。 本当は、私がショップチャンネルのお客様お1人お1人にカラー診断をしてさしあげたいのですが、なかなか難しいので、最近では、百貨店などでカラーアナリストの先生が診断してくださるイベントなども増えています。 ぜひチャレンジされてみてはいかがでしょうか。 ご自身の世界観が広がって楽しくなると思います。

お化粧品の力と、ときめく気持ちでキレイに!

いつもたくさんのお客様に応援していただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。 皆様本当にありがとうございます。 まさかこんなに長くおつき合いさせていただけるなんて、夢のようです。 女性は、いつも“可愛い、幸せ、嬉しい”といったときめきの感情を抱き続けることが、いつまでも若々しく輝きのある女性でいるための1番の美容液だと思っています。 そのためには、ご自身が楽しくなるような趣味やときめくことを1つでも多く見つけることが大切だと思います。 たとえば、新しく購入したお化粧品のパッケージを開けるとき、少しテンションが高くなりませんか? 私は、この化粧品は私の肌にどのようなメッセージを与えてくれるのかしら・・・と想像するだけでわくわくドキドキします。 <パーリーデュー>も、1人でも多くのお客様が幸せな毎日を過ごしていただくためのお手伝いができるようになれれば・・・と願っています。 化粧品の力とともに、女性にとっての1番大切な美容成分である“ときめき”を組み合わせた商品をご紹介できるように日々邁進してがんばります。 これからも末永くどうぞよろしくお願いいたします。



商品一覧ページへ

 
  • テレビで「Thank you」の商品
あなた のご登録番組
  • 新規会員登録
  • NEW ネットだけの!限定&先行アイテム
    • SALE&OUTLET
 

記号は商品のカテゴリを表しています。

  • ジュエリー
  • ファッション、靴・バッグ・小物・インナー
  • コスメ
  • 美容・ダイエット・フィットネス
  • ホーム・インテリア
  • 家電
  • グルメ・お酒
  • チケット・お花・コレクターズ

閉じる

loading...
  • フリーダイヤル(通話無料)
    0120-000123
  • 携帯電話から(通話有料)
    0570-000111
  • ご注文:24時間
  • お問い合わせ:音声自動応答24時間/オペレーター対応9:00〜21:00
    • 左記番号がご利用になれないお客様は03-4335-0123(通話有料)へおかけください。