新 カリスマゲストの部屋
瀬戸口めぐみさん|江原道 美容家 瀬戸口めぐみさん|江原道 美容家
プロフィール

10月15日、鹿児島生まれ。血液型はA型。
20代のころ、過酷な肌荒れに悩まされた経験から、中・東洋医学の思想に出会い、 以来、心と身体の調和のとれた美しさの重要性を実感し、学ぶようになる。
江原道〜KohGenDoサロンで長年にわたり施術を担当。
誠実な対応でお客様から支持を得る。
ショップチャンネルデビューは2003年。
東洋医学の理念に基づいた商品開発、長年の施術経験から得た、 お客様のニーズに応えた商品開発は常に注目を集めている。
2009年からは、スキンケアシリーズ“オリエンタルプランツ”も展開中。

●好きな食べ物: お豆腐などの大豆食品、シーフード
●苦手な食べ物: お肉全般、長ネギ
●座右の銘: 笑う門には福来る

女性はメイクひとつ、ファンデーションひとつで自信が甦るもの。いつも笑顔で過ごすための応援をしていきたいと思います。

中学生で美容家を目指す

小さいときから好奇心旺盛で活発な子供でした。外で遊んでばかりで、夕方も家に帰らず、いつも探しにきた母に怒られていました。兄弟が多く、にぎやかな家系育ち。物おじせずによそのお宅に遊びに行っては、その家のおばあちゃんとお友達になったり、男の子たちと川遊びをしたり、大変活発な幼少期でした。
思春期になると、「年をとっても一生をかけてできる仕事がしたい。」と思い始めました。1986年に姉夫婦が<江原道>を創業したこともあって、美容の仕事に興味を持ち、自分がお化粧をするようになると、メイクアップアーティストになりたいと漠然と考えるようになりました。ちょうど進路で悩んでいる時期、姉に相談したところ、<江原道>がスタートするエステティックサロンを手伝わないかと言われて入社しました。ですから、私の美容家人生は、エステティックの勉強からスタートしたのです。自分の体験を活かせるこの仕事はきっと天職だったと思います。

20代での肌トラブル

入社後は、サロンでの実技はもちろん、美容スクールに通ったり、通信教育を受講するなど、あらゆる勉強を始めました。すると、それがストレスになってしまったようで、肌トラブルを起こし、顔がニキビだらけになってしまいました。精神的なものも大きかったと思います。<江原道>にいらっしゃるお客様には、女優やVIPの方が多かったものですから毎日が緊張の連続で、経験も知識も足りない私のマナーではどうしてもいたりませんでした。厳しい姉夫婦の指導のもと、息つくヒマもなく勉強し、叱咤されて反省することの繰り返しです。20歳前後のころでしたから、さまざまな状況に柔軟に対応していくには若すぎたのでしょうね。ただ、肌トラブルを抱えながらお客様の施術を担当し、お客様から教えられることも多く、さまざまなセラピーをご紹介いただきました。また、そのことで「美容には心のケアも必要。」と実感し、カウンセリング学や東洋医学などと出会い、知識を深めるようになりました。そういった勉強も、自分にとっては大きな糧になったと思います。その後も、肌荒れはよくなったり悪くなったりを繰り返し、5年近くかけて肌はもとどおりになりました。身をもって体験したからこそ、時間こそかかりますが、お肌は必ずよくなるという強い確信があります。

ショップチャンネル出演のきっかけ

社外の方に商品を説明する機会があり、その方が「商品の説明が上手だから、ショップチャンネルにご自身で出演したらどうですか。」と褒めてくださり、ご紹介いただいたことがきっかけです。実は当時は、失礼ながらショップチャンネルのことを知りませんでした。その後はとんとん拍子で話が進み、年が明けて2003年の1月7日にデビューとなりました。初出演は、どうしようと汗だくで慌てているうちに終わったという印象です。テレビ出演の経験はあったものの、自分で商品を詳しく説明することは初めてでしたので、最初はどうしていいかわかりませんでした。スタジオに入ってもがらんとしていますし、とにかくキャストの方の言葉に相づちをうつだけで精一杯! すべてに対して驚きの連続でした。その後で予想以上にお客様の反響をいただき、用意した商品がソールドアウトと聞いて、震えが止まらなくなってしまいました。それでも予定していたライブは続きますので、お客様には、ご予約としてお待ちいただくことでライブを続行し、何とか切り抜けましたが、あのときの焦りは今も忘れません。

出演時のエピソード

2010年1月でデビュー7周年を迎えました。8年目に入りましたが、今もショーでのエピソードには事欠きません。元気よく話しているつもりなのですが、やはり緊張しているようで、たまに実家の母が電話をかけてきて「にこやかな表情で出ないと、買ってくださった方に失礼よ!」などと注意されることもあります。“ライブの前には初心に帰る”と心に刻み、復習してから臨んでいるのですが、何よりも自分が大好きな商品ですから、その気持ちを大切に伝えたいと思っています。反対に、キャストの方との会話が楽しすぎて大事なことを言い忘れてしまったり、ということもあったりして!(笑) 
ヘアメイクさんといった業界の方たちも、お忙しいなか、ショップチャンネルを見て商品の特徴や使い方を研究されるそうで、よく感想の声をいただきます。また、友達から「元気なあなたの姿を見て、私も頑張ろうと思ったわ!」などと言われると、とても嬉しい気持ちになります。

メイクアップとスキンケアの関係は

私がショップチャンネルでお話するベースの考えは“スキンケア発想”。ファンデーションはお肌をきれいに見せてくれるからこそ、お肌によいものでなくてはならないという考えです。そうしたスキンケアの理論を研究し、踏まえたうえでご紹介できている自負があるからこそ、お客様に自信を持っておすすめできるのだと思います。<江原道>のファンデーションは、映像業界の方から一般のお客様まで、幅広い年齢の方に愛用いただいています。例えば、女優さんなどにとっては、撮影現場は想像以上に過酷な環境です。乾燥したスタジオで、20時間以上も撮影し続ける中、美しいお肌を保つために皆さん闘っていらっしゃいます。だからこそ、基礎のスキンケアの部分は、メイクとは切っても切り離せません。やはり、まずは“お肌”ということです。
東洋医学の勉強では、“まず体質を知る”ということを教わりました。生活のスタイルや食事、嗜好品などから、すべてその人をつくり上げている体質が見えてくるそうです。その考えを応用して、汗をかきやすい方や頭皮に脂が多い方、皮膚が乾燥している方といったさまざまなお客様がいらっしゃるなかで、お肌だけに特化せず、トータルでお話をするようになりました。カウンセリングでは、お食事の内容や休日の過ごし方もお聞きします。そこからお客様に合ったスキンケアをアドバイスするようにもしています。

スキンケア商品開発秘話

<江原道>は、コンスタントに新商品を発表するのではなく、長く温めていたものを、少しずつ発売するという方法をとっています。試作品が思ったような評判を得られなければ、販売時期を延期することもありますから、開発室のスタッフは常にてんやわんやです。妥協はしていません。
例えば、ショップチャンネルで2009年からご紹介しているスキンケア商品も、開発のスパンとしては、もう10数年温めていたものでした。東洋医学の観点を盛り込み、個のトラブルに対応するのではなく、全体からバランスをとるというコンセプトで、アジアの植物を使用してスキンケア商品を作りたいというのがずっと夢だったのです。それが、技術の進化や原料の調達によって可能になり、やっと皆様にお届けできるまでになりました。
パッケージにもこだわって、中国の古い思想“陰陽五行”をカラーやロゴに反映させ、女性の強さ、お肌の美しさを表現したつもりです。
ショーでは、まだなかなかメイクアップ用品のように、自分の考えや研究をうまくお話できてはいないかと思います。でも、サロンで施術している多くのお客様、何より私自身がスキンケアによって自信を取り戻したということからも思い入れは強く、これから先も、大事にご紹介していくつもりです。

趣味は旅行

趣味は旅行です。国内なら、1泊2日で北海道にも出かけます。朝1番の飛行機で発ち、レンタカーで移動して、翌日の最終便で帰るというスケジュールです。海外旅行は、昨年は韓国に2回、ドイツ、パリ、ニューヨーク、ラスベガス、イタリアに行きました。仕事での出張もありますが、プライベート旅行は、ショップチャンネルの控え室でインターネットをつないで決めることもあります。お休みがとれるとなったら、「さあ、このライブが終わったらどこへ行こうかしら!」と即実行。どんなスケジュール変更が入るかわかりませんから、先々の計画はもともと立てないほうです。例えば、イタリア旅行を決めたのも出発の1週間ほど前で、まずは飛行機のチケットを押さえ、内容を吟味しながらホテル、レンタカーなどすべて自分で手配しました。ヨーロッパは何度か行っていたものの、イタリアは初めてでした。訪れた都市は、ベニスとフィレンツェとミラノ、また、チンクエテッレという漁村でも1泊しました。イタリアで素晴らしいと思った点は、その都市都市でまったく違う表情を持っていることです。また、食事が美味しいというのもとても魅力です。
海外旅行に行きたいと思うのは、疲れているときが多いですね。私は家で休むより、逆に外に出たくなるタイプのようで、知らない土地や人々に出会うことで、新鮮なエネルギーを吸収できる気がします。今後はまた、イタリアの訪れていない都市にチャレンジしてみたいと思っています。

私自身のお手入れ方法〜魅惑のバスタイム

健康維持のために、バランスよく食べるように心がけています。もともとお肉が苦手で、近所に住んでいた祖母が畑で野菜を育てていた影響もあり、小さいときから菜食中心の食事をしてきました。子供のころから精進料理やお豆腐料理が大好きです。ショップチャンネル出演前は、体調を整えるため、繊維質の多い雑穀を中心に食べるようにします。
お肌の維持のためには、スキンケアの基本は、まずはクレンジングです。そして、冷水で洗顔をすること、美容液と化粧水は水分補給のつもりで贅沢にたっぷり使うこと。特別のケアは一切しているつもりはありません。基本をしっかりすることでお肌が安定し、季節を問わずに同じような状態を保っていられるのだと思います。クレンジングは、特に時間をかけて行ないます。ポイントメイクをささっと落としたら、お顔全体をしっかりクレンジング。さらに、バスタイムに湯船につかりながらもう1度。クレンジングをつけたままおいておき、温まって毛穴が開いてきたらそれを利用してディープクレンジングです。その後、毎日欠かさずマスクやパックをしています。
お風呂が大好きで、家のお風呂はスパ状態と言っても過言ではないかもしれません。
旅行先の海外で、ボディケアアイテムや入浴グッズを買い込んではバスルームの棚に並べ、「きょうのボディスクラブはどれにしようかな?」と眺めるのがとても楽しみです。ショップチャンネルでも結構買っているんですよ! また、重曹やお塩、アロマのエッセンシャルオイルなどを混ぜて、自分で入浴剤も作ることもあります。そんなことから新しい商品へのインスピレーションが湧いてきたりします。

お客様へのメッセージ

いつも<江原道>をお使いいただき、ありがとうございます。
インターネットで“化粧品”と検索するだけでも、画面上にたくさんの名前が並ぶ中から、よくぞ<江原道>をお選びくださったと感謝の気持ちでいっぱいです。
私の好きな言葉は“楽しい”という言葉です。そんな思いもあって、ひとりでも多くの女性に楽しく、笑顔で過ごしていただきたいと思って商品をご説明しています。女性はメイクひとつ、ファンデーションひとつで自信が甦るものです。幸せな笑顔の応援をしたい、その気持ちが私を動かすエネルギーのような気がします。
<江原道>の目指すものは“これからもずっと使い続けたいと思っていただけるブランドづくり”です。常に初心を忘れず、毎回よいものをお届けできるよう頑張って参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



 
  • テレビで「Thank you」の商品
あなた のご登録番組
  • 新規会員登録
  • NEW ネットだけの!限定&先行アイテム
    • SALE&OUTLET
 

記号は商品のカテゴリを表しています。

  • ジュエリー
  • ファッション、靴・バッグ・小物・インナー
  • コスメ
  • 美容・ダイエット・フィットネス
  • ホーム・インテリア
  • 家電
  • グルメ・お酒
  • チケット・お花・コレクターズ

閉じる

loading...
  • フリーダイヤル(通話無料)
    0120-000123
  • 携帯電話から(通話有料)
    0570-000111
  • ご注文:24時間
  • お問い合わせ:音声自動応答24時間/オペレーター対応9:00〜21:00
    • 左記番号がご利用になれないお客様は03-4335-0123(通話有料)へおかけください。