坂本これくしょん

1900(明治33)年、福島県会津若松市で創業。漆の精製から製品まで一貫して手掛ける坂本乙造商店による「坂本これくしょん」。伝統の技を生かした軽くて美しい漆のアクセサリーや蒔絵のバッグなどをラインナップ。坂本理恵さん、坂本まどかさんによるデザインと、職人の手仕事により、クオリティーの高いアイテムを提案。 詳しく見る≫

 
  • おすすめ順
  • 48件表示
  • 在庫ありのみ

坂本これくしょんのこだわり

木の軽やかさと漆のつややかさを現代に生きるファッションに創り上げた「坂本これくしょん」。身に付けていることを忘れてしまうほど軽やかな着け心地です。和装はもちろん、洋装にもあわせやすいアクセサリーです。

【伝統の会津塗り】
福島県会津若松市より産する漆器の総称。国の伝統工芸に指定されています。
会津は約400年以上に渡り、日本を代表する漆器産地として現在に至ります。

【すべて手作業】
塗りの工程は15にもおよび、全てのアクセサリーが、手間をかけて丁寧に作られた逸品です。 仕上げには、食器にも使用されている日本製のアクリルウレタンコートを2回かけ、2週間置き、丁寧に拭き上げてから出荷しています。

 

坂本 理恵さんプロフィール

<坂本これくしょん>デザイナー
株式会社坂本乙造商店 専務取締役
坂本 理恵さん

1972年、会津若松市にに工房eyesを開設。
工房eyesの代表として1989年西ドイツ・フランクフルトメッセにて「ハプニング」デザインプラス賞を受賞し、ニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションにも選定される等、受賞暦多数。
全国各地にて個展開催。坂本理恵のアクセサリーは国内の百貨店やギャラリーでの個展で紹介されている。
漆はJapanと呼ばれるが、海外でも注目度は高く、重厚で艶やかな色合いと、予想外の軽さは一様に驚きをさそう。2003年からはボストンギャラリーKEIKOで常設展示されている。
プロフィールをもっと見る

 

坂本 まどかさんプロフィール

<坂本これくしょん>デザイナー
坂本 まどかさん

家業である坂本乙造商店の漆を通じて、子供の頃からアートに関心を持つ。
京都で日本画を学び、画材である岩絵の具を通じて色彩感覚を磨く。
筆を持って描く日本画を学んだことで、蒔絵の技術や感覚を自然と身に付けることができたという。
今の時代に合った新しい「日本の手仕事」、「身に着けるオブジェ」、「夢のある色」を追求したものづくりを目指している。
蒔絵の技法を用いて仕上げた艶やかさと、ぬくもりのあるデザインが魅力。

カテゴリを選ぶ
価格で絞り込む
  • すべて見る
カラーで絞り込む
  • すべて見る

カラー 

他の条件で絞り込む
  • すべて見る
  • ギフトラッピング
  • ネット限定商品
クチコミで絞り込む
  • すべて見る
  • クチコミがある商品
 
loading...
  • フリーダイヤル(通話無料)
    0120-000123
  • 携帯電話から(通話有料)
    0570-000111
  • ご注文:24時間
  • お問い合わせ:音声自動応答24時間/オペレータ対応9:00〜21:00
    • 左記番号がご利用できないお客様は03-4335-0123(通話有料)へおかけください。